社長にチケットを貰い、お休みまでいただいて行ってまいりました。2019東京モーターショープレスデーインプレです。(写真・文 スタッフ陽太)
 
 
今年の目玉は何といっても新型カタナでしょう。プレス時にも関わらず展示にも試乗にもディズニーランド並みの人だかりで、
写真を撮るのも一苦労でした。他にもCB1100をカスタムしたCB1100R等いわゆる「おじさんホイホイ」な車輌がいっぱいでした。
 
  
実際、来場者も40~50代が主で若年層向けに新たに二輪免許を取得したライダーは無料等のサービスもありましたが、
一般公開の時も中年の方が多いように感じられました。
  
 
  
もちろん若者向けのブースもいっぱいあり、ヤマハのブースなんかは特にそう感じました。ゆるキャンという作品とコラボグッズや
キャンプツーリングが楽になるような装備も実際の車両と共に展示してあり、気軽にキャンプがしたくなるようなブースで
とても見ごたえがありました。
  
全体的に見てもそのようなブースが多く、自社製品を車両に取り付け展示するというのがとても分かりやすく、またカスタムの指標や参考
にできるのもいいなと思いました。

初心者の方もベテランライダーの方も是非一度東京モーターサイクルショーに行ってみてはいかがでしょうか。