●●● スタッフ陽太の免許取得日記 ●●●
このコーナーでは、スタッフ陽太(16歳 2018現在)が原付免許取得から大型免許を取得し、レースに参戦?するまでの過程を追ったドキュメントです。免許取得をお考えの方に参考にしていただければ幸いです。
 
原付編 小型限定取得編 中型免許取得編
 
中型免許取得編
今回は普通自動二輪編になります。
前回と同じく最初は警察署で、小型の限定解除の申請をします。今回は免許証だけ持参でOKでした。
そしたら、前と同じように書類を書き、予約をしてもらいます。
僕は一番早い日で予約をしましたが、自分の都合のいい日に予約をすることもできます。
毎週、日・金が試験の日です。

予約をした日の8:30~9:00までに最寄りの運転免許センターで受付を済ませ、待機所でその日のコースを確認し、しばらく時間があるのでコースを歩いて覚えます。この時に合図を出すタイミングや、後方確認、寄せるタイミングなどを考えておくと後々楽になります。
注意点として、試験の時に小型だとセーフでも中型だとアウトだったのが、小型と同じ感覚で走っていると、加速不良を取られて、だいぶ減点されるのと、加速不良を取られないようにと、少し早めのペースで走ってブレーキでポンピングブレーキをしないと、これもまた減点対象なので、気を付けてください。
あとは、前の小型と同じ所を気を付けさえすれば大丈夫です。

今回僕は2回で受かることが出来たので、だいぶ安く済みました。
次の大型まではしばらく時間が空くので(18歳以上)、法規運転を忘れないように、安全運転で、楽しいバイクライフを送っていこうと思います。

今回は限定解除のみなので、1回の費用が3,000円でした。
まとめ
①警察署で小型の限定解除の申請をする
持ち物 免許証

②最寄りの運転免許センターで受付を済ませる

③実技試験を受ける 1回3,000円
 
小型限定取得編
今回は普通自動二輪の小型限定の取得日記です。
最初は前の原付取得と同じで、警察署で学科試験の予約をします。
前と違うのは持ち物で、免許証と証明写真、保険者証でOKです。後は、前と同じように書類を書いて予約し、予約した日に最寄りの運転免許センターで学科試験の受験手数料2,550円を払い受験。
当日は学科しか受けれないのでそれだけ持っていけば大丈夫です。

ちなみに学科は一発で受かりました。学科を受かったら実技試験の予約をします。
予約できる日が教えてもらえるので、その中で都合のいい日を予約します。先にお金を払ってしまっても大丈夫です。というかそのほうが楽です。試験当日に慌てなくて済みます。

正直実技は一発で受かると思わない方がいいです。僕は4回目でやっと受かりました。
1回目でコースと雰囲気、バイクの特徴が分かればいいですが、2回目までは捨てるつもりで受けてもいいと思います。
いくら安いとはいえ、何十回も受けたら意味が無くなってしまうので・・・

個人的に気を付けたほうがいいポイントとしては、合図を出すタイミングと指のかけかた、首の振り方です。
合図(ウインカー)は、早すぎるかなってレベルで大丈夫です。ほとんどの人が遅くて減点されていると思います。
指のかけかたは慣れている人ほど気を付けてください。4本でしっかりとブレーキ、クラッチを切るようにしないと減点されます。そして一番重要なのが首の振り方(後方確認)です。ちぎれるほど振り向いた方がいいです。アピールだと思って羞恥心は捨てましょう。

試験の手数料は初回だけ安くなります。
初回3,600円 2回目~6,550円(車輛使用料込み)で割とお高めです。
ですが、教習所に行くよりかははるかに安くとれますので、これから取ろうと思っている方は頑張ってください。

僕もまだ普通二輪と大型をこのページで順次更新していくのでよろしくお願いします。
まとめ
①警察署で学科試験の予約をする
持ち物
免許証
証明写真
保険者証

②最寄りの運転免許センターで試験を受ける

③実技試験の予約

④実技試験 初回3,600円 2回目~6,550円(車輛使用料込み)
 
原付編
警察署へ行き、受付で原付免許を取得したい旨を伝えます。
持ち物は本籍の載った住民票の写しと証明写真、保険証(コピーNG)、印鑑を持っていきます。

受付の人がやさしく教えてくれるので言う通りに書類を書いていきます。

受付が終わったら取得時の原付講習をすぐ予約するように言われるので、最寄りの運転免許センター電話で予約をします(8:30~12:00,13:00~17:00)。

受付の人にも言われますが、絶対に予約した日に試験があり、落ちてしまったとしても講習には必ず行きます。

学科試験を受けるときの手数料が6,000円(原付講習手数料4,500円、申請手数料1,500円)、交付手数料が2,050円、もし落ちた時もう一度申請する場合の手数料が1,500円必要です。

不安だけど勉強するのは嫌だ!と言う人は東部学科センター(090-8540-9989)を利用するといいと思います。

まとめ
①最寄りの警察署で受付申請する(受付時間有り。管轄の警察世に確認を)
持ち物
本籍の入った住民票の写し
証明写真
保険証(コピー不可)
印鑑

②最寄りの運転免許センターに原付講習の予約電話をする。
 受付 8:30~12:00 13:00~17:00
 *試験に落ちても講習はあります。試験と別の日の場合もあります。

③決められた日の8:30~9:00の間で運転免許センターにて試験の申請、受講する。
 手数料6,000円