社長バイク紹介
CBR250RR  91年式
手放しました。

ドノーマル。最近ガレージに加わった一台。レッドゾーンが19000回転からという超高回転型エンジン。10000回転からレッドゾーンまでまわした時のエンジンの咆哮は、ノーマルにして、レーシングエンジンそのもの。そのくせ、大変乗りやすい、ホンダ傑作の一台です。
TZR250 SPR
ノーマル 新車 
史上最強の2st250cc
XJ750改
・エンジンは900エンジンを、バランス取りして組み直して積んであります。
・キャブは気分によって、TMR36だったり、CR33にしたりしています。
・マフラーはYRPレーシング・ワンオフ。
・フロントサスはSRX400にスプリング等、中身はFZ400用。
・リアサスはXJR1200オーリンズstdのスプリングを、1つ上のバネレートに変更して装着。
・フロントブレーキは、ブレンボ320ディスクにYZF750用6ポットを。
・リアホイールは、ハブダンパーのついたXJ750Dのものを使用。
・クラッチアームをディバージョンのものにしてクラッチの操作感を軽くしてあります。

 XJメンテナンス
KR-1R
カワサキ純正F3チャンバーに合わせて、エアクリーナーのフタを外して、PWK35キャブのセッティングをやり直してあります。クロスミッションで、1速が2速の様にハイギアードな1速なのですが、セッティング改善して、発進も苦ではありません。
XR250R(ME06) 91年式
リムを青でアルマイト加工したこと以外、ノーマルです。マフラーをもっと軽いものに変えてもいいのですが、ノーマルの心地よい排気音が好きなので、ほとんど手を加えるところがありません。
XR400R(NE08)
手に入れた時から、カムのみホットカムステージ1が入ってました。これに乗ってから、たびたび立ちゴケを経験しています。リンクを変更して、2cm車高を下げました。(いまだに足場の悪い山中などで立ちゴケしてます。)